現役ケアマネージャーが強力サポート!ケアマネ合格の要点を濃縮しました。

ケアマネージャー試験

通信講座を活用することのメリットってありますか?

要点濃縮リスニング / 通信講座を活用することのメリット

通信講座のメリット

通信講座を活用する場合のメリットについて

「通信講座」は、大きく分類すると、

(1)古くからある添削採点のみの通信講座
(2)講義ビデオと教材を使用する通信講座
(3)音声講義と教材を使用する通信講座

の3つの形態に分かれます。それぞれの通信講座にメリットデメリットがありますが、まず、(1)の通信講座と(2)と(3)の通信講座の違いから説明します。

(1)の形態の通信講座は、古くからある形態で、参考書と問題が送られてきて、問題部分を回答して、送り返すと採点されて返事がくるという流れになります。これは、独学で学習することに比べ、ペースメーカー的な役割があったり、わからない点を質問できたりするメリットがあります。しかし、基本的には独学に近い形態のため、大きな学習効率の向上が見込めず、最近の通信講座は、圧倒的に(2)と(3)が主流になっています。(2)と(3)が、(1)と決定的に違うのは、音声や映像で、学習の負担を軽減してくれる点です。人間、同じ内容を、文字で理解するのと、人から聞いて理解するのと、どちらがラクに理解できますか?当然、後者です。文字が苦手な人に至っては、精神的なストレスでは、大きな差が生まれます。(2)と(3)が主流になっているのは、文字離れが問題となっている現代の象徴といえるかもしれません。
では、次に(2)と(3)のメリット、デメリットですが、これは、ケースバイケースです。ビデオ型の通信講座は、テレビ画面で講師の顔が見えるので、臨場感を味わうことができます。音声講義は、それがありませんが、テレビ画面を必要としない点で、場所に縛られません。仕事場、車の中、電車の中・・・といった色んなシーンで学習することが可能です。あと、値段がビデオ型と比べて、低価格の場合が多いのも特徴です。

「濃縮ケアマネージャー」が音声通信を採用しているのは何故?

では、ケアマネージャー試験対策教材「濃縮ケアマネージャー」は、なぜ音声通信講座を採用しているのでしょう? それは、ケアマネージャー試験を学習している方々の多くが、コマぎれの時間を活用して学習していることが多いことに着目しました。仕事の合間の休憩時間に少し勉強・・家事の合間・・通勤時間を利用してといった方が非常に多いのです。家でじっくりテレビ画面をみながら学習、スクールに通って学習・・・ということが、やりたくてもできない方が多いのです。
以下見てください。これは、 ある忙しい主婦の1日学習スタイルです。この主婦の方は、仕事合間、又は移動時間などに濃縮!!音声CDを聴きながら学習を進めていった場合です。
~ 主婦 48歳 介護職 ~
8:00 通勤時間(車・電車など)30分(音声学習) → 12:30 仕事場での休憩時間 30分(音声学習・テキスト読み) → 17:00  通勤時間・または買い物時間 60分(音声学習) → 19:00 家事をしながら 60分(音声学習) → 22:00 寝る前 30分(音声学習・テキスト学習) 
= トータル時間 1日 3時間30分(音声学習・テキスト学習)
1ヶ月20日間継続した場合 70時間
4ヶ月継続した場合 280時間

上記の例は理想的な勉強方法の参考例ですが、実際に「濃縮ケアマネージャー」を利用されていた主婦の学習スタイルを紹介いたしました。いかがですか?まとまった勉強時間がなくても、こうした忙しい方が細切れの時間を利用するには、「濃縮ケアマネージャー」は、うってつけの教材だと思います。スキマ学習を無理なく行なうことでケアマネジャーの合格ラインに近づくことができるのです。

興味のある方は、是非、教材の内容をチェックしたり、音声CDを試聴したりしてみてください!もしかするとあなたにピッタリの学習教材かもしれません。

>>ケアマネージャー試験対策「濃縮ケアマネージャー」の教材をチェックする。

 

ページ先頭へ戻る